2010年05月09日

憧れの編みぐるみ

暇を見つけては、編み物をしています。
あみぐるみ研究中です。
実は、先日行った「ファビュラス・バーカー・ドールズ2010」で、一番衝撃を受けたのは、rautaさんという方の編みぐるみだったのです。
編み物は母親が得意だったもので、私もそれこそ見様見真似で小さいころからいろいろ編んできました。
大きなもの、手の込んだものは作りませんでしたけれど、それなりに親しんできたんです。
でも、rautaさんの編みぐるみは今までに見たことのないような不思議な子たちでした。
その可愛らしさといったら、、、もう夢中でした。
手紡ぎの柔らかい毛糸も印象的でしたし。
前から興味があった紡ぎという作業をぜひともやってみたくもなりました。

前置きが長くなりましたけど、つまり、その編みぐるみを記憶をたよりに研究中なんです。
どうやったらあんなに可愛く編めるのか。

220509
どんな秘密があるのかなぁ。
これもひとつの羊毛人形だと思います。
羊毛を紡いで糸にして、編んで、、、、詰めてあるのも羊毛だし。
気長に探っていってみようと思います。


posted by めい at 21:23| Comment(0) | 見様見真似 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。