道具、材料についての反省

道具や材料が手元にあると妙に嬉しいので、
無駄に買ってしまったりします。
それを眺めているだけで幸せなのですが、
しばらく使わずに針刺しに刺しておいたニードルが
ざらざらに錆びていました。
なんだからショックでした。
ただ置いておくのではだめなんだ。
使わなくちゃ。
そんなことはとっくに知っているつもりだったのに、
もう使えないニードルを手にして
「ちゃんと使わなくちゃいけない」と実感。

道具というのは、使って、手入れをして、
一緒に成長していかなくちゃいけないものなんだよね。
道具を使わないということは
自分の手も使わないってことだもの。
材料だって、ただの素材のままでくしゃくしゃの状態で
引き出しの奥に丸めておくだけいいはずがない。
せめてここにあるのだと記憶に焼き付けておかなくては。

あれもこれもと手を出して
材料や道具ばかりが増えていって
結局はなにもかもが身につかない。
繰り返しそれで悩むのに、いつまでたっても成長しません。

ちゃんと動かなくちゃ。
自分自身が完全に錆ついてしまうまえに。


フェルティング講座「インディアンの女の子」3回目

実際には女の子作りは2回目です。
前回はヘッド、顔作りで6時間使いました。
今回はボディだったのですが、
女の子なのでボディのお写真はNGということで^^

0608f00
私の子はこんな感じの顔に仕上がってます。
髪と飾りを仮につけてみました。
先生からは男の子っぽいと言われてしまった^^;
へへへ、できたらインディアンの男の子を作りたい。
そうか、セットで男の子も作っちゃおうかな。
髪の毛とか似てるの持ってるしな。
頭の羽根飾りがネックになりそうだけどね。

革に浮気中

近頃、革が気になってしかたがない。
面白そうな革雑貨の本を買ってしまったからなのだろうね。
羊毛、モール、布、糸、そして革・・・・
手を出してすぎてどれも中途半端で何一つ形にならないって失敗を
結局なんども繰り返しちゃうんだよなぁ。

いやいや、きっといろんな経験が未来につながっていくんだ!
(50のおばさんの未来って・・・・・

0606f00
縫い目がたがた。
まあ初めての革細工だからこんなもんでしょ。