ウールのがま口

ウールのがま口

ウールの生地で作る小さいがま口の準備をしています。
でもその途中でミシンに調子が悪くなってしまいました(;д;)
ちょっと前からガタガタとしていたのですが、
今日は糸はぐちゃぐちゃになるし、返し縫は出来なくなるし、針は折れそうになるし・・・・
ちゃんと調べれば直るのかもしれませんけど
そろそろ新調したい気もするしねぇ。
どうするかなぁ。


小さいがま口は暑い頃は木綿で作っていたのですが、
冬になったので暖かそうなウールの端布で用意しています。
小さい刺しゅうをしてから、がま口に仕立てます。
あと数日でニヒル牛に納品予定です。
よし、がんばろう。


posted by めい at 23:10Comment(0)がま口

ケイトウの花

ケイトウ

須藤先生に習うクレイアートの3作目のケイトウ。
5cmほどの大きさの中になんて可愛らしい世界がつまっているんだろう。。。。

小さい小さい粘土の玉を掌と指の上で花弁や葉にしていきます。
そしてこのケイトウはハサミワークも加わって、根気との勝負です。
先生のアトリエではお花と葉の作り方のみを教わって、仕上げは家でします。
いただいた見本の花の1輪を頼りに作業しました。
お教室のあと、数日で完成したのですが、葉の付け方がちょっと違ったようで
作りなおそうか迷っていたのですが、できませんでしたー(。-_-。)

不定期で教わっているので次の予定はまだ決まっていませんが、
次はどんなのを教わろうか、楽しみでしかたありません。



近頃、習い事ばかりで自分の作品が出来てません。
でも自分のなかを充実させる時間も必要だと思うんです。
まあほどほどにしておかないときりがないのですけどね。
インプットしたら今度はアウトプットです。
がんばろう。

織り機、やっと活動開始

何年も前から始めなくてはと言っていた織りの勉強を
やっとスタートしました。
アトリエに置いてあるアシュフォードの織り機と同じもので
体験講習を受けることができました。

清瀬市にある手織工房タリフ→

本屋さんで見つけた「手織りのためのスコットランドチェック」という本でこの工房の存在を知り、
すぐにメールで連絡し、体験講習の予約をしたのです。
私には珍しいすごい早い決断でした(#^.^#)

2日間のお勉強と織りの作業で千鳥格子のマフラーを織りあげました。
明石恵子先生の楽しく明快な指導でアトリエの織り機も息を吹き返しそうです。

そしてやっと千鳥格子のマフラーの復習をアトリエで織りあげましたよ。

千鳥格子復習

これはもうすぐ織りあがるころの織り機。
明るい場所で作業してます。
次は違う柄を自習してみたいと思っています。
以前買った裂織りの本もどうにか生かせるようになるかもしれない!

がんばります。

今日のアトリエ
光サンサンの中でクリスマスの準備をしてます。
あと2~3日で飾れるかな。

クリスマス準備のアトリエ
posted by めい at 17:22Comment(0)機織り