読書の谷間をウロウロしてました

私の趣味は手芸・クラフトなんですが、
その他に、本が大好きです。
小説、漫画、手芸のレシピ本、絵本など。
文字フェチなのかもしれません。
とにかく読むものが手元にないと落ち着かないのですよ。
トイレにもお風呂にも本を持ち込みます。

H20180125-1.jpg

本を読み始めると、その関連したシリーズとか、同じ作家とか
気が済むまで読みたくてなる。。。。
そうなると手作り作業はストップしてしまうんです。
耳鳴りがひどいときも読書に逃げ込むことがあります。

ここしばらくブログを更新してなかったのは
たまたま買った本を読み始めたら面白くて、
じっくり読んでいたのです。
でもそろそろまた作り始めなくては。

実はちょっとだけ手を動かしていました。

H20180125-2.jpg

去年、模型ショーに行ったときに買ったペーパークラフトの一つ。
ミシンです。細ーいパーツを丁寧に外して
ボンドをちょっとずつつけて組み立てていく。。。。
集中できて楽しいわぁ。

H20180125-3.jpg

こんな感じに完成。
ふう。

さあ、また本を読もうかな。。。。



やり直し、やり直しの繰り返し

H20180115-1.jpg

前につかえていたはずの型紙がなぜか口金に合わない。。。。
違う口金用のだったかしらねぇ。
しかたないので、また型紙作り。
型紙を作って試しに布で作ってみて、
具合が悪ければまたやり直して。。。。その繰り返しです。
何かを作るときはいつもそんなものですよね。
むしろ一発で作れたときのほうが不安だったりするし。
がま口作りだけでなく、羊毛人形作りのときも、モールアート作りの時も
とにかくやり直しの先に完成があるわけです。

この繰り返し作業、若い頃より苦にならなくなりました。
年取ると時間の流れは早くなるけれど、気持ちは長ーくなるものなのかしらね。

H20180115-2.jpg

やり直しの繰り返しのあとに、
すっきりぴったりの型紙ができました。
でもね、これで終わりではなく、
また別の形のものも作るので、
やり直しの繰り返しはずーっと続くのです。続くのですよ。

がんばろう。

posted by めい at 22:36東京 ☀Comment(0)がま口

豆本のワークショップ楽し!

H20180114-1.jpg

昨日は地元の可愛いカフェ「よこよんカフェ」にて、豆本のワークショップを受けてきました。
小さなお子さんなどと一緒に楽しい時間を過ごしてきました。
私のお隣は3歳のお嬢さん。お母さんと一緒に上手に作業してました。
6歳のお嬢さんは一人で参加。先生のお話を真剣に聞いて、とても器用に手を動かしていました。
年齢は関係なく、一緒に同じ作業で楽しめる素敵な時間でしたよ。
先生ともいろいろお話して新しいアイディアもたくさん得ることができました。
やはり動き出さないと新しい考えは出てこないものですね。

H20180114-2.jpg

作業が終わるとカフェのおいしいスープとスコーンをいただいて、
店主さんともお話しし、新しい挑戦もはじまりそうです。

よこよんカフェは地元の小さな小さなカフェですが、
美味しいスコーンやベーグル、キッシュ。
体によさそうなスープや、可愛いスイーツなどがいただけます。
八王子市のよこよんカフェで検索してみてくださいね。

先生とお話したがま口と豆本のコラボを作ってみるつもり。
ほんと、楽しい!