国本先生の本から

ヴォーグ学園で受講していた国本先生の新しい本が出ました。

くねくね曲げてねじって作るモールの動物たち

あいからわず小さくて可愛い^^
けれど作るのは難しいです。
作り方通りに進めれば、ある程度は形になるけれど
納得できる子たちにするには練習あるのみです。

国本うさぎ

練習あるのみで出来上がった身長3cmのうさぎさんです。
うさぎの顔の作り方は、先生から直接教わったことがないので、
本だけがたよりでした^^;
思いのほかうまくいったような気がして
自画自賛しております。

ベストを着せているのですが、
適当な布がなくて、しかたなく
薄ーいフェルトをウェットで作ってみましたが、
この子にはまだまだ厚いようでしたよ。

薄いフエルト

フェルトを作るのはだいぶ慣れてきていまして、
ウェット作業は結構楽しいのです。
ウェットで何か作ろうかしらねぇ。うん。

国本先生の講座は現在は受けていません。
ちかごろ都会まで出かけていくのがとても苦痛でして
市ヶ谷のヴォーグ学園まで行くのもぐったりだったわけです。
行ってしまえばお友達と話したり、一緒に作業するのは
本当に楽しいのですがねぇ。
も少し地元に近い場所だったらなぁ。
本で勉強するしかありませんね。

明日は別の子を作ってみようかしら。
猫ですね!よし。


こんなこともする

以前、羊毛の師匠が使ってた電動ピンバイスが欲しくて、真似っこ購入してました。買っただけでもう満足って感じで作ってなかったのですが、それもダメだろうということで作ってみました。

タミヤから出てるもので、プラモデルみたいに組み立てるのですが、しっかり実用品です。
久しぶりのプラモデル、ワクワクですね。大好きなんですよ、こういう組み立て作業。
途中、説明書にいろいろ文句をつけながら、40分ほどで完成。

やれやれ。

理系の子供を二人育てましたので、こういうのを作る場面は結構ありましたけど、性格がズボラなので肝心のところで失敗したりしてました。
いまは年取った分慎重になったようで、しっかり説明書を読んで進められるようになりました。
人間成長するもんですね。

さあ、いつまでもよそ見しないで、人形作らなくちゃ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村

poppetさんのてんとう虫

新作もできたし、ちょいと時間が出来たので
poppetさんの本の作品を作ってみました。

0126f00
てんとう虫を作ることにしました。
理由は、本とほぼ同じ材料が家にあったから^^
ランヴィエきなり0.5g、ブラック0.1g・・・・?
うーん、分量はまあ適当に。
ウールの生地は同じものです。
直径2.2cm、厚さ1cmの丸いのをランヴィエ0.5gで作るんですが、
これを作るのにほぼ15分くらいかな。
次に赤いウール地をフェルティングで貼っていくのですが、
これがなかなかくっつかない。。。
この布、フェルティングしにくいんですよねぇ。
でも、しつこくチクチクしてると土台にくっつきます。
そのあと黒いランヴィエで頭をつくって、黒毛糸を巻いたワイヤーをつけて
できあがりなのです。

0126f01
こんな感じ。
1時間ちょっとで完成しました。
ブローチにしてあります。金具のつけ方がよくなかったからやり直すかも。。。。
少し大きくなっちゃったみたいです。直径2.5cmくらい。
本を見ただけで作るって難しいよね。
どうにか同じように出来たけど、どんなものかしらね。

ああ、楽しかった^^
他のも作ってみようっと。