豆本のワークショップ楽し!

H20180114-1.jpg

昨日は地元の可愛いカフェ「よこよんカフェ」にて、豆本のワークショップを受けてきました。
小さなお子さんなどと一緒に楽しい時間を過ごしてきました。
私のお隣は3歳のお嬢さん。お母さんと一緒に上手に作業してました。
6歳のお嬢さんは一人で参加。先生のお話を真剣に聞いて、とても器用に手を動かしていました。
年齢は関係なく、一緒に同じ作業で楽しめる素敵な時間でしたよ。
先生ともいろいろお話して新しいアイディアもたくさん得ることができました。
やはり動き出さないと新しい考えは出てこないものですね。

H20180114-2.jpg

作業が終わるとカフェのおいしいスープとスコーンをいただいて、
店主さんともお話しし、新しい挑戦もはじまりそうです。

よこよんカフェは地元の小さな小さなカフェですが、
美味しいスコーンやベーグル、キッシュ。
体によさそうなスープや、可愛いスイーツなどがいただけます。
八王子市のよこよんカフェで検索してみてくださいね。

先生とお話したがま口と豆本のコラボを作ってみるつもり。
ほんと、楽しい!







テストがま口

H20180111-2.jpg

四苦八苦して新しいがま口の型紙を作ってみました。
がま口を作るのが好きで、道具やら材料やら
大量に買い込んであるんです。
それをとにかく消費しないと、、、、、

近頃はがま口を自分で作る人はたくさんいると思うのですが、
私が作り始めたころは、レシピ本もあまりありませんでした。
ネットで作り方やコツを探して見様見真似で作っていました。
今はいいですねぇ、ちょっと探せば作家さんたちが
作り方動画を残してくれてますもの。
でも、簡単に作れていたらすぐに飽きただろうなぁ。。。

H20180111-1.jpg

試作品を作り終えてから型紙を微調整してから
パターンシートに清書して出来上がり。
クリアファイルとかでもよいのですが、
ガイドの線があると左右対称とかがわかりやすいので
パターンシートを使ってます。ほんと、便利。

このがま口はいつも作っているものよりも
かなり大きいので作りやすいです。
金具をつけるときも一発ですんなりついてくれました。
ちっちゃい金具もこんな調子でついてくれるといいのですがね。


ここ2,3日、持病の耳鳴りがたいへんです。
となりの人のイヤホンの音漏れもようなシャカシャカという音が
ずーっと聞こえてて、もしかしたら
となりに誰かが座ってるのかと思うほど。
これは耳鳴りというより幻聴なのかなぁ。
私の耳鳴りは日中ずっと聞こえているものなので
いつもの音ならだいぶ慣れてきてるのですが、
こんなふうにちがう音調になったりすると
気になって気になって、肩こりにもなるし頭痛も始まるし。
困ったものです。
やれやれ・・・・




posted by めい at 18:10東京 ☀Comment(0)がま口

スリーパーを縫う

H20180110-1.jpg

久しぶりにミシンを駆使して、スリーパーというものを縫いました。
まずはダブルガーゼの布2枚の間に柔らかいキルト綿を挟んでキルティング。
このキルティング作業がとにかくめんどくさかった~。たくさんしつけして
ひたすらミシンで直線縫い。これだけでほぼ1日かかりましたよ。
気に入ったキルティング布があれば簡単だったんですけどねぇ。
でもキルティング作業が終わればあとは簡単ですよ。
断ち切りで裁った布をバイアステープでぐるっと包むだけです。

H20180110-2.jpg

待ち針ではなく仮止めクリップで固定。
あまりに便利なので大量買いしたクロバーのクリップですよ。
色とりどりでうれしい。

H20180110-3.jpg

娘が欲しいというので作ったものですが、
どんなときに使うのかしらねぇ。

さて、これで赤ちゃんものは一休み。
あとはおなかから出てきて顔を見てから作りましょう。


明日は小さいがま口作りを始めます。ニヒル牛に納品用。
そしていよいよ人形作りだ!

posted by めい at 20:44東京 ☀Comment(0)縫い物